登場人物

なお、この人物紹介はarea-B的内容になっておりますので、正式設定と違っている部分があります。ご了承ください。

ヴィンセント・ボラージュ
cv=磯部 勉さん
『天国の扉』ゲストキャラ。元火星軍特殊第7班所属。タイタンの戦争に出たとき、とあるものを体内に仕込まれた。それがもとで記憶を失い、「天国の扉」を探すために今回の爆破事件を起こした。
ゲストキャラがトップに来ているのは、管理人のひいきから。
※area-B設定※ この事件の後、行方不明となるが、実は身長20cmぐらいになっていてBEBOP号に乗り込んで生活していた。(このちっこいときが「小瓶」)3年後に元の体を取り戻し(体力が戻ったという感じ)、エレクトラと一緒に火星で暮らし始め、その後スープスタンド「すうぷ瓶」を開業。記憶が戻ってからは、実は関西シティ出身であることから、言葉遣いが関西弁になっている。
エレクトラ・オビロワ
cv=小林 愛さん
『天国の扉』ゲストキャラ。ヴィンセントを追うスパイクの前に現れた女。素手でスパイクと互角と思えるほどの格闘を見せたが、元火星軍特殊部隊所属ともなれば当然?ヴィンセントとなんらかのつながりがある。
※area-B設定※ 事件後行方をくらましていたが、探していた小瓶&BEBOPクルーに見つかり、ヴィンセントと火星で暮らし始める。いろんな事後処理は、エドと、何故かビシャスがやってくれました。うーん、不思議だ。警備会社に就職。
スパイク・スピーゲル
cv=山寺 宏一さん
3年前にジェットに出会って以来、BEBOP号で一緒に暮らしつつ賞金稼ぎをやっている、この作品の主人公。だらけているようで実は「やるときとやらないとき」の緩急が激しいだけ…というのは本人の言い分か。ジークンドーの使い手。ジェリコ改を愛用。火星出身。
ジェット・ブラック
cv=石塚 運昇さん
BEBOP号のオーナーで船長(ですよね…?)。…だったのが、いまや悪ガキどもの「おかあさん」。料理も裁縫もやれば、船のメンテもこなす苦労人。ぼやかない日は無いという生活をしているが、実は結構楽しいに違いない。この作品のメインキャラの一人で元警官。ガニメデ出身。
フェイ・ヴァレンタイン
cv=林原 めぐみさん
ひょんなことからBEBOP号に居候することになったが、つかず離れずの関係が居心地よくて気に入ってるっぽい。実は外見と実年齢が食い違っているが、記憶も年齢分持っていない。TVシリーズ末期でそのへんが明らかになる。この作品のメインキャラの一人。グロッグを愛用。地球出身。
エド
cv=多田 葵さん
BEBOP号に乗り込むために偽情報を流した、「伝説のハッカー」。ネットダイブの様子は、こいつには骨が無いのか?というぐらいのもの。天涯孤独かと思っていたら、実は父親が保育園にエドを預けたことを忘れていただけ、ということが後で判明する。この作品のメインキャラの一人。
アイン
見た目はただの駄犬…いやいや、愛らしいコーギーだが、実は研究所で改造?された「データ犬」。なんの因果か、BEBOP号で暮らすことになった。エドがBEBOP号に来てからは、コンビを組んで?いる。この作品のアイドルキャラ。ジェット役の石塚さんが、あまりの可愛さに実際に飼うことになったとか?
ラシード
cv=ミッキー・カーチスさん
『天国の扉』ゲストキャラ。爆破事件の後、手がかりを知ると当たりをつけたスパイクが会いに行く。
大佐
cv=柴田 秀勝さん
『天国の扉』ゲストキャラ。無能な人ではない…いや、ある意味無能?いやいやいや、ハガレンの大佐じゃないですから!
ホフマン
cv=屋良 有作さん
『天国の扉』ゲストキャラ。警官。
シャドキンス
cv=井上 和彦さん
『天国の扉』ゲストキャラ。警官。ホフマンの部下で、花粉症。
ジョビン、アントニオ、カルロス
TVシリーズで最初に登場したときは、とてもここまで使われるキャラだとは思われていなかったが、しっかり劇場版にまで登場し、しかもスパイクと言葉を交わすなど思いっきり表に出てきて、ファンを喜ばせた。

Copyright(C) 2006-2009 Mari Shimizu [ASARI] All rights reserved.

*no!spam*をはずしてくださいね。