COWBOY BEBOP KNOKIN' ON HEAVEN'S DOOR
/角川書店/\1,260(2001.11) →書評投稿したので詳しくは【honto商品頁】をお読みください。
「劇場版カウボーイビバップ 天国の扉」フィルムブックです。
書評補足:場面紹介の各ページには、対応するBGMが併記されていて、どのシーンからどのシーンまで流れているかまでがわかるようになっています。
さあ、あのシーンこのシーンをすぐに見られる「ある意味天国の扉」をお手元にどうぞ。川元さん書き下ろしイラスト、美術ボード、サウンドトラック解説、スタッフ&声優インタビュー、と盛りだくさんな内容が凝縮されています!
カウボーイビバップ 天国の扉
矢立 肇原作 / 渡辺 信一郎著/角川書店/\500(2002.8)
小説版『天国の扉』。
トーク・アバウト・カウボーイビバップ
石井 誠著 / 市ケ谷 ハジメ著 / 岡島 正晃著/太田出版/\1,995(2001.10)
天国の扉を含む、天国の扉を含む、天国の扉を含む!(笑)、「よせあつめブルース」も含む全セッションについて、内容紹介と関連話題などがつづられた本。設定資料も一部掲載されていて、「天国の扉」の小道具関連資料は、これをアテにしていました。(その後、ドイツ版DVDの付録で、設定資料集をゲットできた)「よせあつめ−」の項は、全台詞が掲載されています。
(復刊ドットコムで復刊投票受け付け中!【投票頁へ】
トークアバウト表紙 トークアバウト 中
カウボーイビバップ (Sunrise art works)TVシリーズ
/ブッキング/\3,990(2012.1)
A4判1頁の中に、2列4行の8枚の設定画が縮小配置されていて、つめこみ気味な誌面になっています。ちょっと見づらい部分はありますが、それは仕方無いでしょう。一度復刊された後、2012年1月に再度復刊となりました。欲しい人は迷ってる場合ではないですよー。【復刊ドットコムの商品頁へ】
「天国の扉」で使われた小道具も、TVシリーズからの流用というものが多数あります。その参考資料としても、ぜひ、おてもとにどうぞ!
→書評投稿したので詳しくは【honto商品頁】をお読み下さい。
COWBOY BEBOPサンライズ・アート・ワークス(表紙) 中はこうなってます(サブキャラ部) 中はこうなってます(小道具部)
目次
レックレス・プレイヤーズ
佐藤 大著 / フロッグネーション編/メディアファクトリー/\1,575
 1998年4月、カウボーイビバップ(以下ビバップ)というアニメが放送された。それは、ひっそりと始まり、何かが動き出そうとする直前に終了した。
 ちょうど諸事情がアニメ番組にのしかかっていた頃で、ビバップは当初全26話シリーズだったが、半分の13回(12話+特別編集版)放映となり、おまけに一部修正を余儀なくされるという状態だった。
 後に完全版が衛星放送で放映され、劇場版が製作された。制作スタッフが、それまでの道のりをどのような状況や気持ちでいたのか。それを、ビバップの舞台設定や脚本も手がけた、佐藤大氏が直接インタビューした。
 それを集めたのが、この本である。

 すでに出版から数年が経過し、2001年にはシリーズの総決算とも言える劇場版が上映された。その後で読むのは、思い出話を聞くだけのように感じられるかもしれない。だが、この本は、そのような思い出話もさることながら、ネタキーワードも、その解説も随所に登場するので、さらにビバップを面白くさせてくれる資料にもなるのだ。
 カバーデザインも、マッハ55号や55Graphicsが担当しているということで、シリーズDVDのパッケージのようになっている。この本もアニメシリーズと同じく、数々のセッションが納められていると考えることが出来る。

インタビューで登場した方々・・・
渡辺信一郎、信本敬子、川元利浩、山根公利、菅野よう子、今掛勇、東潤一、佐山善則、石塚運昇、多田葵、山寺宏一、林原めぐみ、南雅彦、池口和彦(敬称略・登場順)
レックレス表紙 レックレス 中
カウボーイビバップ〈完全版〉フィルムブック ニュータイプフィルムブック
角川書店ニュータイプ/735円~840円(1998.11~1999.7 )
フィルムブック1巻表紙テレビシリーズ全sessionの場面ピックアップと、コラム
左はアメリカ版。 各話画面キャプチャと補助テキストがメインで、他に関連情報や設定資料、背景画などなど、小さい誌面なのがすっごく残念なほど、盛りだくさんな本。 アメリカ版は、日本版をカラーコピーしたような誌面状態で、さらに開きが逆になっています。「リアル・フォーク・ブルース」の歌詞を、ローマ字で掲載してる「おまけ」も有り。
各巻の内容は次の通り。ただTVシリーズの各場面を見られたりセリフを読めたりするだけじゃなく、各話紹介の中のキーワードコラムなども含めて資料としても一見の価値あり!
1巻の中(北米版) 1巻の中(日本版)

Copyright(C) 2007-2009 Mari Shimizu [ASARI] All rights reserved.

*no!spam*をはずしてくださいね。